メニュー豊富でボリュームたっぷりの沖縄そばの店、やかそば

沖縄の大動脈、国道58号線。その国道58号線とは反対の太平洋を望む東側をはしっている国道329号線。沖縄の南北をつなげる国道329号線沿いに、オリジナルメニューが豊富でボリューム満点の沖縄そばを提供するお店があります。それが「やかそば」。宜野座村と名護市の境目にある、知る人ぞ知る地元御用達のお店です。今回はドライブの帰りに「やかそば」でご飯を食べてきましたのでご紹介します。

やかそばは宜野座村と名護市の境目にある屋嘉にあります。あまり有名なお店ではありませんが、お昼時は働くお父さんや家族連れでにぎわう地元民御用達のお店です。店内に入ると左手側に食券機があります。

やかそばの券売機

やかそばの店内はこんな感じです。いかにも沖縄の田舎にある食堂といった雰囲気です。

やかそばの店内写真

食券機はメニューごとではなく、金額が表示されています。自分が欲しいメニューの値段の食券を購入して注文します。メニューは店内の壁に貼られています。なかなか豪快です。沖縄ソバ、丼ぶり、定食メニューが豊富でどれにしよか迷ってしまいます。

やかそばのメニュー1

やかそばのメニュー2

この日は子供たちと一緒に来たので、沖縄っぽい料理を食べさせたいと思いました。そこで「鳥もやしそば」、「チーイリチャー」、「イカ墨汁」を注文。まだイカ墨汁を食べたことがない子供たちは興味津々でした。

イカ墨汁

まずはイカ墨汁。濃厚なイカ墨の旨味と青野菜の苦みがよく混ざり合い、とてもおいしい一品です。子供たちにとって初めてのイカ墨汁でしたが、とてもおいしかったようで交代交代で食べていました。イカだけでなく軟骨ソーキも入っていて、いろんな食感が楽しめました。沖縄では食べる薬と呼ばれるイカ墨汁。イカ墨には食物繊維が豊富で、食べると内臓をきれいにしてくれる効果があるようです。健康に良い沖縄料理の一つです。

チーイリチャー

続いてはチーイリチャー。豚肉や野菜を豚の血と一緒に炒めた沖縄料理の一つです。「豚の鳴き声以外は全て食べる」。と言われるほど豚肉好きなウチナーンチュ。豚の血もしっかりと料理します。卵焼きが上にのっていておいしそうです。ニンニクとご飯と一緒に食べると、ガツンとした旨味が口の中に広がります。豚の血を炒めていますが臭味はなくおいしく食べられます。豚の血を炒めていますので、ビタミンやミネラルが豊富で夏バテ予防にも効果的です。

鳥もやしそば

そして、子供たちのリクエストで注文した「鳥もやしそば」。鳥モヤシ炒めが沖縄そばの上にのった豪快の一品です。麺が見えないくらい豪快にのっています。鳥モヤシ炒めと沖縄そばのスープが絡み合ってとてもおいしい沖縄そばです。麺は細麺でしたが結構ボリュームがあり、食べ終わるとかなりお腹いっぱいになっていました。

やかそばについて

オリジナルメニューが豊富で、ボリュームのある料理を提供しているやかそば。国道329号線沿いにありますが、結構田舎の場所にありますので、沖縄の人でも知らない方が多いのではないかと思います。北部をドライブした帰りに立ち寄ってみてはいかがですか。

やかそばはココ ↓

ソーキそばをはじめ沖縄料理のおいしいお店が知りたいなら


せっかく沖縄旅行に来るのだから、ソーキそばや沖縄料理のおいしいお店が知りたいですよね。私が参考にしている本は「ぴあ沖縄食本」。沖縄そばやラーメンだけでなく、ステーキ、イタリアン、中華、カフェなど、沖縄の色んなおいしいお店が網羅されています。写真も多く、最近の沖縄のおいしいお店が紹介されています。「人気ブロガーが選ぶ旨すぎる沖縄の店77 」は電子本ですが、なかなか面白いお店が紹介されています。うちなーんちゅの私も知らないお店も紹介されていて、参考になりました。

※画像をクリックすると直接Amazonのサイトで買えます