沖縄ではちょっと珍しい釜飯がおいしいお店、金武町のチューリップ

沖縄の食堂やレストランではあまり見かけないメニュー、それが釜飯です。沖縄にはジューシーと言う独特のご飯料理がありますので、釜飯のようなメニューはあまり見かけません。しかし、そんなちょっと珍しい釜飯がおいしいお店が金武町にあると聞いたので、一度食べに行って見てました。そのお店の名前は「チューリップ」。店名の由来は分かりませんが、とりあえず釜飯を食べてきました。

チューリップは金武町の中心通り、国道329号線沿いにあるお店です。外観は沖縄の田舎にある食堂のように結構ボロボロです(笑)。なかなか味わいのある古さ加減です。

以前は喫茶店のお店だったようですが、店内は外観同様に古く、親戚のおじさんの家に遊びに来たような雰囲気を感じます。店主一人でお店を切り盛りしているので、余計にそんな雰囲気を感じます。

チューリップの店内写真1

チューリップの店内写真2

チューリップのメニューがこれです。手作り感満載のメニュー表ですが、写真付きなので分かりやすいです。やはり釜飯がこのお店の釜飯とのセットメニューが多めです。

チューリップのメニュー1

チューリップのメニュー3

チューリップのメニュー2

初めて来たお店なので、まずはお店で一番人気のメニュー、「みそ汁と釜飯定食」を注文しました。沖縄で釜飯を食べるのは初めてでしたので、どんな味なのか楽しみです。

みそ汁と釜飯定食

半熟卵やポークや野菜など具沢山のみそ汁に、関西風の出汁が効いた釜飯のセットメニュー。まずは釜飯を一口食べてみました。カツオと昆布のダシがよく効いていて、優しい味わいに、インゲンやナメコなどの具だくさんの釜飯はうまい! 思っている以上に食べやすい味わいで、旨味溢れる美味しい釜飯です。関西風の味付けの釜飯に、沖縄風のみそ汁も良くマッチして、ボリューム満点の定食でした。釜飯はお茶碗3杯分の分量があり、みそ汁と釜飯だけでけっこうお腹いっぱいになりました。

思っている以上に釜飯がおいしかったので、子供にも食べさせてあげたくなって、別の日に子供と一緒に食べに来ました。この日注文したメニューは「トンカツと釜飯定食」、そして「チーイリチャー」の2品です。

トンカツと釜飯定食

これが「トンカツと釜飯定食」です。やはり変わらず釜飯は美味しかったです。カツオと昆布の出汁に、具沢山の具材が良くマッチしていて、飽きの来ない食べやすいお味です。私の子供も美味しい、おいしいと、バクバク食べていました。トンカツも衣がサクサクしており、とてもおいしかったです。

チーイリチャー

そしてこれが豚の血と肉を一緒に炒めた「チーイリチャー」。普通の沖縄の食堂であまり見かけないメニューですので注文してみました。あまり臭みがなく、トッピングのニンニクが食欲をそそる一品です。ご飯にもよくあっていて、私の子供も良く食べていました。美味しくいただけました。

チューリップについて

1995年のオープン当初から、関西風の五目釜飯と沖縄のみそ汁の組み合わせが人気のメニューだそうです。お昼時には釜飯目当ての常連客が多く来店するようです。店主一人で切り盛りしているため、ちょっと料理が出てくるのは遅いですが、味は文句ありません。また子供と一緒に食べに行きたいと思います。

チューリップはココ ↓

ソーキそばをはじめ沖縄料理のおいしいお店が知りたいなら


せっかく沖縄旅行に来るのだから、ソーキそばや沖縄料理のおいしいお店が知りたいですよね。私が参考にしている本は「ぴあ沖縄食本」。沖縄そばやラーメンだけでなく、ステーキ、イタリアン、中華、カフェなど、沖縄の色んなおいしいお店が網羅されています。写真も多く、最近の沖縄のおいしいお店が紹介されています。「人気ブロガーが選ぶ旨すぎる沖縄の店77 」は電子本ですが、なかなか面白いお店が紹介されています。うちなーんちゅの私も知らないお店も紹介されていて、参考になりました。

※画像をクリックすると直接Amazonのサイトで買えます