手間暇かけた自家製手打ち生麺の沖縄そばがうまい、那覇新都心のてぃーあんだー

手間暇かけた自家製手打ち生麺の沖縄そばがうまい、那覇新都心のてぃーあんだー
手間暇かけた自家製手打ち生麺と、あっさりすっきりとした味わいのスープ。そんな沖縄そばが食べられるのが、那覇市新都心にあるてぃーあんだーです。てぃーあんだーとは沖縄の方言で、直訳すると手の脂という意味です。手の脂が染み込むくらい手間暇かけて、心を込めて作った料理という意味になります。そんな手間暇かけた自家製手打ち生麺で作ったおいしい沖縄そばを食べてきました。

てぃーあんだーは那覇市の新都心の天久にあります。天久りうぼう楽市の裏側にあります。店内はガラス張りで、太陽の光が差し込み明るい雰囲気です。

てぃーあんだーの店内写真

ティーアンダーのメニューがこれになります。写真付きで分かりやすいですね。平麺と細麺が選べます。

ティーアンダーのメニュー1

ティーアンダーのメニュー2

ティーアンダーのメニュー3

どの沖縄そばにしようか迷いますが、自家製手打ち生麺の味を試したいので、「軟骨ソーキそば」を注文。楽しみです。

軟骨ソーキそば

まずは自家製手打ち生麺の味を試してみます。小麦の香りとコシが強く、食べ応えがある生麺です。生麺独特のツルツルシコシコトした食感です。その生麺に合わせるのが、カツオだしベースのアッサリとスッキリとした味わいのスープです。豚骨、鰹節、煮干しを丁寧に煮出して作ったスープは絶品です。ショウガの風味も良い味のアクセントとなっていて、かなり美味しい沖縄そばです。軟骨ソーキも柔らかく、肉の味が濃厚です。すっきりとした上品なスープによくマッチ知っていました。最後までおいしくいただきました。

冷やしフーチバーそば

別の暑い日に「冷やしフーチバーそば」を食べてみました。フーチバーのほのかな香り、生麺独特の食感。さすが手間暇かけた自家製手打ち麺です。タレはサッパリ、暑い日にピッタリのサッパリとした味わい。暑くて食欲が落ちていても、いくらでも食べられます。沖縄そばの店で冷やしソバが食べられるのはうれしいです。意外と麺にボリュームがあり、お腹いっぱいになりました。

てぃーあんだーのお店情報

小麦粉だけでも数種類使った作った自家製手打ち生麺。使用する水にもこだわって、手間暇かけて愛情込めて作られた手打ち麺は味も食感も最高です。その独特な生麺を使った冷やしソバも絶品で、暑い沖縄にピッタリです。食べログでもベストレストランに選ばれたその味は間違いありません。麺好き、沖縄そば好きなら、ぜひてぃーあんだーを試してみてください。

てぃーあんだーはココ ↓

ソーキそばをはじめ沖縄料理のおいしいお店が知りたいなら


せっかく沖縄旅行に来るのだから、ソーキそばや沖縄料理のおいしいお店が知りたいですよね。私が参考にしている本は「ぴあ沖縄食本」。沖縄そばやラーメンだけでなく、ステーキ、イタリアン、中華、カフェなど、沖縄の色んなおいしいお店が網羅されています。写真も多く、最近の沖縄のおいしいお店が紹介されています。「人気ブロガーが選ぶ旨すぎる沖縄の店77 」は電子本ですが、なかなか面白いお店が紹介されています。うちなーんちゅの私も知らないお店も紹介されていて、参考になりました。

※画像をクリックすると直接Amazonのサイトで買えます
 
スポンサーリンク