大正14年創業‼アグー豚の出汁を使った老舗の沖縄そばの店新山そば

名護市には地元では有名な老舗中の老舗の沖縄そばのお店があります。大正末期の大正14年創業、あともう少しで創業100周年を迎える老舗の沖縄そばのお店、新山そばです。おいしい沖縄そばを北部の人たちにも食べさせたいと、大正時代に創業した老舗そば屋です。地元では有名な新山そばですが、観光客にはあまり知られていないお店です。今回は新山そばをご紹介します。

新山そばは名護市の市街地の路地裏の中にあり、ちょっと場所が分かりにくいです。事前にGoogle Mapで場所を確認していく必要があります。店内は座敷とテーブル席があり、沖縄によくあった昔の食堂の雰囲気がそのまま残っています。この古い感じがたまりません。造り物ではない古き良き沖縄の雰囲気です。

新山そばの店内写真

店内真ん中ほどに食券機がありますので、そこで食券を購入します。

新山そばの食券機

このお店のおススメは店名にもなっている新山そば。ソーキ、てびち、昆布、厚揚げがのっています。

新山そば

まずはスープを一口飲んでみました。アグー豚とかつおの出汁から作ったすっきりとしたコクのあるスープです。濃厚なコクを感じますが、全然脂っぽくなくあっさりとした味わいです。そのスープに合わせるのが平打ち麺。創業時の大正時代は麺も手作りだったため、太い麺しか作れなかったそうです。その創業時の雰囲気そのままの太めの平打ち麺です。すっきりあっさりとしたスープによくマッチします。

てびちそば

そしてこれが人気No.1のてびちそば。よく煮込まれたてびちは箸で容易にほぐれるほど、柔らかくなっています。テビチとスープの組み合わせもまた絶品です。

そば定食

じゅうしぃと刺身がセットになったそば定食もあります。ニンジン、ひじき、豚肉が入って出汁でしっかりと味付けされたじゅうしぃはとてもおいしく、沖縄そばとの組み合わせは鉄板です。お腹がすいていたらこちらのそば定食をおススメします。

新山そばについて

大正末期に創業し、今年で創業95周年。もうすぐ100歳になる名護市の老舗食堂新山そば。アグー豚とかつおを使ったスープはすっきりとした味わいが特徴で、平打ち麺とよくマッチします。知る人ぞ知るこの老舗食堂に行けば、古き良き沖縄の食堂の味を味わうことができると思います。

新山そばはココ ↓

ソーキそばをはじめ沖縄料理のおいしいお店が知りたいなら


せっかく沖縄旅行に来るのだから、ソーキそばや沖縄料理のおいしいお店が知りたいですよね。私が参考にしている本は「ぴあ沖縄食本」。沖縄そばやラーメンだけでなく、ステーキ、イタリアン、中華、カフェなど、沖縄の色んなおいしいお店が網羅されています。写真も多く、最近の沖縄のおいしいお店が紹介されています。「人気ブロガーが選ぶ旨すぎる沖縄の店77 」は電子本ですが、なかなか面白いお店が紹介されています。うちなーんちゅの私も知らないお店も紹介されていて、参考になりました。

※画像をクリックすると直接Amazonのサイトで買えます