美ら海水族館だけではありません! プラネタリウムもオキちゃん劇場も海洋博公園には見所満載

海洋博記念公園には美ら海水族館だけだと思っていませんか? 実は他にも見どころがたくさんあるんです。プラネタリウムもオキちゃん劇場(イルカショー)も熱帯ドリームセンターも、この海洋博記念公園でしか見れない観光スポットです。せっかくはるばる美ら海水族館まで来たなら、ぜひこのページで紹介している観光スポットも見て欲しいと思います。

記事を読む

美ら海水族館のお得な料金やジンベエザメとマンタが泳いでいる動画まで紹介

沖縄観光に来たら、絶対にココには来ますよね。沖縄美ら海水族館。ジンベエザメとマンタが同じ水槽の中で泳いでいるのは、世界中の水族館の中でも美ら海水族館だけ‼ ジンベエザメの繁殖や複数匹の飼育も、最大のエイであるマンタの群れが見れるのはこの美ら海水族館だけです‼ そんな美ら海水族館のお得な料金や、実際にジンベエザメとマンタが泳いでいる様子までしっかりとお見せしましょう。

記事を読む

道の駅許田はおススメ、やんばるのお土産も割引チケットもそろっています

沖縄美ら海水族館に行く途中で、必ず通るのが「道の駅許田」。日本全国1,059コある道の駅の中で、第5位に選ばれたこともある人気の道の駅です。北部やんばるのお土産や、美ら海水族館などの観光スポットの割引チケットもそろっている、沖縄観光にとても便利な場所です 道の駅許田は、高速道路の名護出口からすぐの場所にあります。美ら海水族館に向かう途中で必ず立ち寄れる場所にあります。道の駅許田の店内には、沖縄北部市町村の物産やお土産品がたくさん売られています。地元のスーパーでしか買えないようなちょっと面白いモノもたくさん売られていますので、見ているだけでも楽しいですよ。

記事を読む

サムズカフェは古き良きアメリカ映画の雰囲気でおいしいステーキが食べらます

50~60年代の古き良き時代のアメリカを再現したアメリカンレストラン、それがサムズカフェ。映画「アメリカングラフィティー」に出てくるような雰囲気のカフェレストランです。ステーキやバーベキューリブ、スイーツまで美味しくてボリュームたっぷり。古き良き時代のアメリカ映画の雰囲気の中で、本格的でおいしいアメリカンステーキが食べられます

記事を読む

国際通りであっさりでおいしい沖縄そばが食べたい時は、どらえもんがおススメ

国際通りでお土産などの買い物をしていたら、お腹が空いてきますよね。お昼時ならおいしい沖縄そばが食べたいですよね。特に暑いお昼にはあっさり、すっきりとした沖縄そばがいいですよね。そんな人におすすめなのが「どらえもん」。その店名から想像されるように、どらえもん好きの店主が営んでいるそば屋さんです

記事を読む

トーフチャンプルーや手作り豆腐がおいしい海洋食堂、沖縄独特の豆腐が味わえます

トーフチャンプルーやゆし豆腐など、沖縄独特の豆腐料理がおいしいお店、それが海洋食堂です。沖縄独特の豆腐を手作りしている食堂ですので、その豆腐料理は絶品‼ 沖縄の豆腐は島豆腐と言って、水分が少なくタンパク質が多い。だから大豆の成分をギュッと凝縮しているので、豆腐の味が強く濃厚です。豆腐本来のおいしさを味わえます。

記事を読む

牧志公設市場近くで昔懐かしい沖縄そばが食べられる「田舎」

沖縄戦後、焼け野原の頃から那覇市民の胃袋を支え続けてきた牧志公設市場。今では定番の観光スポットにもなっていますね。そんな牧志公設市場の裏手に入ると、下町の雰囲気がたっぷり残った裏通りがたくさんあります。そんな裏通りに、昔懐かしいおいしい沖縄そばが食べられるお店が、今日紹介する田舎です。

記事を読む

沖縄県民が大好きな味, ジミーのバイキング, お土産にもおすすめです

1956年の創業以来、60年以上にわたって沖縄県民が長く愛して慣れ親しんできた味、それがジミー(Jimmy's)です。アメリカ軍基地で働いていた創業者が、「アメリカの豊かな食文化を沖縄の人々にも届けたい」、という熱い思いから創業したそうです。大丈夫です、創業者さん。その気持ちは沖縄県民にしっかりと届いています。今では毎日の夕食のおかずや、入学祝や卒業祝い、誕生日のケーキまで、頻繁にジミーの総菜やケーキを利用しています。そんな沖縄県民が大好きなジミーのランチバイキングに行ってきました。

記事を読む

アメリカンなピザが食べ放題! 北谷のPizza in 沖縄

地元北谷町で知らない人はいない、古き良きアメリカンな雰囲気あふれるピザ屋さん。それがPizza in 沖縄。ピザのおいしさはもちろんですが、アメリカ統治時代からある建物を利用した店内は、まるで昔のアメリカ映画にでてくるレストランのような雰囲気です。だから観光客にも大人気! もちろん、リーズナブルな値段で、ピザもパスタもタコライスもソフトドリンクもすべて食べ放題、飲み放題

記事を読む

博多とんこつラーメンもつけ麺もうまい、麺屋武虎

沖縄の麺類ははソーキそばだけではありません。実はおいしいラーメン店も最近は増えてきました。そんな沖縄で本格的な博多豚骨ラーメンが食べられる。それが麺屋武虎。細麵で濃厚とんこつスープ、直球の博多豚骨ラーメンを食べてきました。

記事を読む

海人の町糸満の新鮮な魚料理がおいしい居酒屋「たらじさびら」

海人の町糸満市の新鮮な魚料理が食べられる居酒屋、それが「たらじさびら」です。沖縄ならではの新鮮な魚介類をおいしいビールや泡盛と一緒に楽しめますよ。子供連れでも安心して入れる、明るくて安心な居酒屋です。基本的に沖縄の居酒屋は子供連れでも安心して食事を楽しめます。なぜなら、うちなーんちゅは家族そろっての夕食を居酒屋で食べることが多いからです。だから、居酒屋で小さな子供連れで食事している家族をよく見かけます

記事を読む

安くておいしくて大盛りの沖縄そば屋、亀かめそば

安くて、おいしくて、大盛りの沖縄そば屋さん、それが亀かめそば。手ごろな値段でおいしい沖縄そばが食べられますので、昔から地元那覇では有名店です。そのため、お昼時には地元のサラリーマンやオジイやオバアでお店が一杯になります。今回はそんな亀かめそばをご紹介します。

記事を読む

那覇港直送の新鮮なマグロ丼が食べれます、泊いゆまち

那覇港から直送された新鮮な魚が食べられる。それが泊いゆまち。ちなみに「いゆ」とは沖縄の方言で魚のことで、「まち」は市場のことです。泊いゆまちはその名前のとおり、沖縄の美ら海で捕れた港直送の新鮮な魚がたくさん売られている市場です。また泊いゆまちでは港直送の新鮮な魚が、刺身や寿司でその場で食べることもできます。だから、最近では観光客の方も訪れるようになってきました。今回はそんな泊いゆまちで新鮮なマグロ丼を食べてきましたので、ご紹介します

記事を読む

初心者でも小さな子供でも安全にお魚と一緒に泳げる崎本部ビーチを動画付きで紹介

せっかく沖縄に来ているなら、綺麗なビーチでお魚と一緒に泳いでみたいですよね。でも泳ぎが苦手だったり、小さな子供連れだとちょっと躊躇しますよね。そんなあなたに紹介したいのが、崎本部ビーチ。泳ぎが苦手な初心者の方でも、3歳の小さなお子様連れでも、安全に楽しく熱帯魚と泳げるんです。崎本部ビーチなら3歳だった私の息子も、60代後半の父親も母親でも安全に楽しく泳げます。その様子を動画付きで紹介します。

記事を読む

沖縄のきれいな海で熱帯魚と一緒に泳げる崎本部ビーチを動画付きで紹介

沖縄旅行に来れば、きれいな海で泳ぎたいですよね。どこまでも青く、透明で澄み切った海の中で熱帯魚と一緒に泳いでみたいですよね。その願いをかなえてくれる、素晴らしい海が崎本部ビーチ(通称ゴリラチョップ)。ゴリラが空手チョップをしているような大きな岩がありますので、地元のダイバーでゴリラチョップの愛称で呼ばれています。

記事を読む

ローズガーデン、本格的なアメリカンテイストが味わえる人気レストラン

週末には朝から外国人のお客さんがたくさん集まる人気のレストラン、それがローズガーデン。人気のモーニングメニュー「エッグベネディクト」目当てにたくさんの外国人のお客さんが訪れるそうです。外国人のお客さんの目当ては本格的なアメリカンテイスト。そんなローズガーデンの人気メニュー「エッグベネディクト」とランチを食べてきました。

記事を読む

イオンモール沖縄ライカム、服も雑貨もお土産まで何でもそろう沖縄最大ショッピングモール

服も雑貨も子供用品もお土産も、カフェもおいしいレストランもショッピングなら何でもそろっているのが、沖縄最大のショッピングモール「イオンモール沖縄ライカム」。そのショップ数は200件以上‼ 沖縄初出店のショップも多く、見ているだけでも楽しくなります。せっかく沖縄旅行に来ても雨の日だと残念ですよね。でもイオンモール沖縄ライカムなら雨でも関係なくショッピングが楽しめます。雨の日におススメですよ。

記事を読む

北谷のランチならビーチタワーホテルのランチビュッフェがオススメ!スイーツが多く小さなお子様は無料

北谷美浜アメリカンビレッジで買い物を楽しんでお腹がすいたら、おススメのお店がココです。ビーチタワーホテルのランチビュッフェ「チュラティーダ」。スイーツが多めで5歳までのお子さんは無料‼ 小さなお子様連れの家族のお財布にもお腹にも優しいレストランです。北谷で遊んでいてお腹がすいたら、おススメのビュッフェレストランですよ。

記事を読む

国際通りでお昼からおいしいビールが飲めるヘリオスパブ、子供連れでも安心

沖縄観光の定番、国際通りのちょうど中央に位置し</a>、お昼からおいしいビールが飲める。それがヘリオスパブです。沖縄では珍しいイギリススタイルのビアパブです。国際通り沿いに大きな入口がありますので、昼からでも入りやすく、明るい雰囲気です。せっかく沖縄旅行に来たら、お昼から飲みたいですよね(笑)。お昼からおいしいビールが飲める、それがヘリオスパブ。国際通りを散策していたら、ぜひ立ち寄ってみてください。

記事を読む

がっつり系ラーメンがおいしい麺道くろとん,女性客でも入りやすいですよ

がっつり系ラーメンがおいしく、店内も清潔で女性でも入りやすいラーメン店。それが麺道くろとんです。ラーメン屋さんって男性店主でお店も雑然としていて、女性は入りにくいですよね。それでも麺道くろとんは、女性店員もいますので女性一人でも入りやすいラーメン屋さんです。そんな麺道くろとんでがっつり系ラーメンを食べてきました。

記事を読む

根夢(ごん)、店名はちょっと変でもおいしい沖縄そば屋さんです

沖縄の大動脈、国道58号線を北に向かって走っていると、ちょっと面白い店名の沖縄そば屋さんに出会えます。その名も根夢(ごん)。前から気になってはいましたが、なかなか入る機会がありませんでした。それでもちょっとした用事で北部に行く途中、ふらっと立ち寄ってみました。ちなみに店名の根夢の由来は、店主の比屋根さんのあだ名「根(ごん)ちゃん」の夢から、根ちゃんの夢で「根夢」。言われて納得の店名でした。

記事を読む

肉好きの沖縄県民も納得、県民ステーキは安くてお腹いっぱいステーキが食べれます

牛肉も豚肉も鶏肉も、どんなお肉も大好きな沖縄県民。そんな肉好きの沖縄県民も納得のおいしさと安さ。それが「県民ステーキ」です。安くておいしいステーキがお腹いっぱい食べれるお店です。今回は県民ステーキ糸満店に行ってきましたので、詳しくご紹介します。

記事を読む

沖縄で一番大きな花火大会,海洋博公園花火大会を動画付きで紹介

沖縄最大の花火大会、それが「海洋博公園花火大会」です。1万4千発以上の花火が、夜の海を彩ります。キレイなビーチの上で夏の花火を楽しめる。沖縄県内でも人気の夏のイベントで、毎年数万人の人でにぎわいます。このページではその海洋博公園花火大会を動画付きでご紹介します。花火の迫力がスマホの貧弱な動画で撮影しきれませんでしたが、それでも少しでも雰囲気が伝わるとうれしいです。

記事を読む

テビチそばが絶品、糸満市にある沖縄そばの名店「南部そば」

沖縄そばと言えばソーキそばだけではありません。沖縄県民が大好きな豚肉料理を使った、テビチそばが絶品。それが糸満市にある沖縄そばの名店「南部そば」です。プルプルでコラーゲンたっぷりのテビチ。それが沖縄そばと一緒においしく食べれます。食べればお肌がきれいになる、、、、、、かも。

記事を読む

夕日がとてもきれいな北谷美浜サンセットビーチ、北谷で遊ぶならココもおススメ

おいしいカフェやバーや居酒屋、雑貨からいろんなお土産まで、沖縄観光の魅力がギュッと詰まった北谷美浜エリア。今回はとても綺麗なビーチ、北谷美浜サンセットビーチを紹介したいと思います。どうですか上の写真は? 冬の晴れた日の夕方、スマホで撮った写真です。サンセットビーチの名前そのままに、綺麗な夕日が楽しめます。晴れてさえいれば、夏でも冬でもどんなシーズンでも綺麗な夕日の写真が撮れます。北谷で買い物やカフェを楽しんだら、ぜひこの美浜サンセットビーチにも足を運んでみてください。

記事を読む

沖縄で二郎系ラーメンが食べたいなら那覇の赤ひげラーメン

山盛りの野菜、食べ応えのある太麺、濃いめのトンコツ醤油スープ、太めのチャーシュー、そしてニンニク。日本中のラーメン好きを席巻した、中毒性のある二郎系ラーメン。そんな二郎系ラーメンを沖縄で食べたいなら、那覇市の「赤ひげラーメン」です。私が子供のころは、沖縄では全然ラーメンなんて食べられなかったのに、今は日本中のおいしいラーメンが食べれるようになりました。いい時代です。

記事を読む

沖縄に来たら北谷美浜アメリカンビレッジ、ビーチもカフェもショッピングもたくさん楽しめます

沖縄旅行に来たら北谷美浜アメリカンビレッジ‼ キレイなビーチも、おいしいカフェやバーや居酒屋も、雑貨からいろんなお土産まで、沖縄観光の魅力がギュッと詰まったエリアです。那覇空港から車で約1時間。沖縄本島の中間に位置し、旅行で訪れた人は必ず訪れるエリアだと思います。北谷周辺のアメリカ軍関係者も多く、街中では普通に英語が聞こえてきます。

記事を読む

一流ブランドからカジュアルまで3~4割引き、アウトレットモールあしびなー

一流ブランドからカジュアル用品まで、定価の3~4割引きでお買い物ができる。それが「アウトレットモールあしびなー」。「あしびなー」とは、沖縄方言で遊び場という意味で、様々な人々や文化が集い楽しむ遊び場となるよう名付けられたそうです。ちなみに遊び人のことを「あしばー」って言います。だいたい女遊びが激しい男の人のことですが。。。

記事を読む

軽食の店ルビーで沖縄のB級グルメ定番のAランチを食べてきました

沖縄の定番B級グルメと言えば、何だか分かりますか? ゴーヤーチャンプルー、ソーキそば、中身汁、フーチャンプルーなど色々思いつくと思います。もちろんこれらの料理も定番のB級グルメと言えますが、沖縄県外の沖縄料理店でも食べられますよね。でも沖縄県内でしか食べれないB級グルメ、それが<b id="underline">Aランチ</b>。沖縄のB級グルメ定食の定番Aランチを、国道58号線沿いにある那覇市の軽食の店ルビーで食べてきました。 軽食の店ルビーは昔から、那覇市で営業しているレストランです。平日も休日もいつ行っても、地元の人やタクシー運転手などで混んでいます。今回も昼2時ごろお腹すかせていきましたが、ひっきりなしにお客さんがやってきていました。注文は食券を買ってお店のおばちゃんに渡せばOK。食券機は入り口から入って左側にあります

記事を読む

花笠食堂は那覇の市場で50年以上続ける老舗、沖縄の家庭料理が楽しめます

那覇市の国際通りから横道に入った市場街で、50年以上営業を続ける老舗大衆食堂、それが「花笠食堂」です。花笠食堂ではソーキ煮つけ、テビチ煮つけ、中身汁定食、イナムルチなど沖縄の家庭料理が楽しめます。国際通りまで来ましたら、ぜひ花笠食堂で沖縄の家庭料理を味わってください。最近は観光客の方も多く来ていますので、気軽に入れるお店です。

記事を読む

沖縄観光と言えばまずは国際通り、お土産もおいしいお店もたくさんあります

沖縄観光の定番と言えば、ココではないでしょうか。お土産もおいしいお店もたくさんある「国際通り」。第2次世界大戦後の戦後復興期のヤミ市か70年以上続いている市場街です。沖縄中のお土産や物産、おいしいお店がたくさんあり、女性でも子供連れでも安心して散策できる安全な通りです。最近は海外の旅行者もかなりたくさん訪れていて、聞こえてくる言葉も英語、中国語、韓国語、ウチナーグチと本当に国際的な通りになってきました。見どころ満載で紹介したいお店がたくさんある国際通り。一つ一つ紹介していくことは大変ですので、今回は国際通りの全体像を簡単に紹介します。これから徐々に国際通り周辺のおすすめのお店や観光スポットを紹介していきますね。

記事を読む

てびちも沖縄そばもおいしい和泉食堂、メニュー豊富でボリューム満点でしかも安い

沖縄伝統料理の「てびち」も沖縄そばもおいしく、金武町やうるま市の地元の人たちに長く愛されている老舗大衆食堂。それが和泉食堂です。メニューも豊富でボリュームも満点でしかも安い。だからこそ、長く地元に愛されているんですね。平日も休日も地元の人でにぎわっています。このページではそんな和泉食堂をご紹介します。

記事を読む

冬の沖縄でもお散歩にピッタリの沖縄の海、恩納村浜原ビーチ

夏の沖縄のビーチで、熱帯魚と一緒に泳ぐのも楽しいですが、冬の沖縄の海もまた違った風情があって気持ちがいいですよ。今回は冬の沖縄でもお散歩にピッタリな沖縄のビーチを紹介します。特に天気がいいと風も心地よく、気持ちがいいですよ。人もほとんどいなくてカップルにピッタリ。夕方は綺麗な夕日が見えて、泳がなくても沖縄の海を楽しむことができます。その雰囲気を動画で撮影しましたので気軽にお楽しみください。

記事を読む

濃厚豚骨ラーメンも濃厚ソーキそばも食べれる南風原の食堂「きちんと」

ソーキそばが食べたい。でもたまにはラーメンも食べたい。麺好きの方なら、時々こんな複雑な気持ちになりますよね。それなら南風原町にある「きちんと」がピッタリ。濃厚豚骨ラーメンも濃厚ソーキそばもどちらおいしく食べれます。お店の看板に大きく書かれている濃厚豚骨ラーメンはウソではないか? 実際に食べて確かめてきました。

記事を読む

糸満市で長く愛されているステーキハウス「グリーンフィールド」

海人(うみんちゅ)の町糸満市で30年以上愛されている老舗ステーキハウスグリーンフィールド。お肉好きのうちなーんちゅ、うみんちゅたちのお腹をお肉で満足させてきました。ステーキだけでなくビーフシチューもおいしいと評判です。今回はスタンダードのリブステーキを食べてきました。

記事を読む

【動画付】空から沖縄の海を見てみよう、モーターパラグライダー

沖縄の海は泳いで楽しむだけではありません。空からも沖縄の海を楽しむことができます。それがモーターパラグライダー‼ 鳥になったような気分で空を飛んで、沖縄の綺麗な海を空から楽しむことができます。パラグライダーにモーターを取り付けていますので、海岸から空に向かって飛べます。空を飛べば、足元すべてが沖縄のキレイな海‼ しかもほとんど生身の体なので爽快感がすごい‼

記事を読む

沖縄で60年以上愛されている老舗レストラン シーサイドドライブイン

沖縄で60年以上愛されている老舗レストラン、それがシーサイドドライブイン。レストランの名前の通り、恩納村の綺麗なビーチのすぐそばにあります。沖縄が日本に復帰する前の米軍統治時代から、長く米軍関係者にもうちなーんちゅにも親しまれてきた老舗レストランです。米軍基地に出入りしていた創業者が、基地内のレストランを見て気に入り、そのスタイルをまねしてオープンしました。全ての料理がテイクアウトできますので、ドライブの途中に立ち寄るうちなーんちゅも多いです。

記事を読む

麵屋だるま家、沖縄で家系ラーメンを食べたいならココ

沖縄の麺類と言えば、ソーキそば。でもソーキそばだけではありません。最近はラーメンも熱い‼ そんな沖縄で家系ラーメンを食べたいならココ、麵屋だるま家。だるま家のラーメンスープは家系独特の濃厚なトンコツ醤油。ガツンと濃厚なラーメンを食べたいなら麵屋だるま家がベストですよ。

記事を読む

タコライスの本場 金武町のGate1 お得なタコライスセットあります

沖縄のB級グルメと言えば沖縄そば、ポーク卵、チャンプルーなど色々あります。でも意外と県外でも人気なのがタコライスじゃないでしょうか。そのタコライスの本場金武町のGate1(ゲートワン)に行ってきました。メキシコの郷土料理、タコスの具である挽肉・チーズ・レタス・トマトをご飯の上に載せた沖縄のB級グルメ‼ 辛みをつけたサルサソースをつけて食べます。もともとは金武町の「パーラー千里」のまかないご飯だったようですが、全国的にも人気のあるB級グルメにまでなりました。パーラー千里は残念ながら2015年6月に閉店されましたが、系列店の「キングタコス」は現在も金武町や沖縄県内で営業中です。

記事を読む

子供も熱帯魚と泳げる一緒に沖縄の海「備瀬崎ビーチ」を動画付きで紹介

キレイな沖縄の海で泳ぎたい‼ 子供にも自然の熱帯魚と一緒に泳がせたい。沖縄の海の自然を感じてほしい。でもどこのビーチがイイか分かりませんよね。子供も熱帯魚と一緒に泳げるのが「備瀬崎ビーチ」。実際小学校2年生の私の娘も何度も熱帯魚と一緒に泳いでいます。これまで海岸近くのポイントや、リーフ周辺を紹介してきました。海岸近くでも子供と一緒に十分に沖縄の海を楽しめますが、備瀬崎ビーチの西側の場所もまた別の雰囲気があって楽しいですよ

記事を読む

熱帯魚と一緒に泳げる沖縄の海、備瀬崎ビーチ リーフ周辺【動画付】

キレイな沖縄の海で熱帯魚と一緒に泳ぎたい‼ でもダイバーのライセンスも装備も持っていない。だったらシュノーケリングだけでサンゴ礁も見れて、熱帯魚と一緒に泳げるビーチが一番。そんなビーチの一つが「備瀬崎ビーチ」。前回は海岸近くのビーチの様子を動画付きで紹介しました。海岸近くは泳ぎの苦手な方でも小さな子供でも、安心して熱帯魚と一緒に泳げるビーチです。今回は中級者や上級者向けに、備瀬崎ビーチのアウトリーフ周辺を紹介します。アウトリーフと言ってもよく分かりませんよね。沖縄の海を眺めた時、海岸近くは緑色で急に青に変わっていきます。

記事を読む

熱帯魚と一緒に泳げる沖縄の海、備瀬崎ビーチ【動画付き】

沖縄と言えば海‼ キレイな海で泳ぎたいですよね。できれば熱帯魚と一緒に泳ぎたいですよね。そんなあなたにおススメの熱帯魚と一緒に泳げる沖縄のビーチを紹介します。まず紹介するのは「備瀬崎ビーチ」(びせさきビーチ)。美ら海水族館や備瀬のフクギ並木に近くにある自然ビーチです。実際に泳いでいる動画付きですので、備瀬崎ビーチの様子がよく分かりますよ。

記事を読む

もとぶ八重岳桜まつり、日本で一番早い桜まつりです

日本で一番早い桜まつり、もとぶ八重岳桜まつりに行ってきました! さて、沖縄の桜の季節はいつだと思いますか? 日本本州なら3月下旬から4月上旬にかけてが桜の季節ですよね。でも沖縄は違います! 正月が過ぎて、成人の日が過ぎた1月下旬から2月上旬が桜シーズンなんです。季節感がありませんね(笑)。

記事を読む

波布食堂の肉そば,沖縄のデカ盛り食堂と言えばココです

長らく、那覇ふ頭の港湾労働者のお腹を満たしてきた、沖縄のデカ盛り大盛り食堂「波布食堂」に行って、定番の肉そばを食べてきました。最近は観光ガイドブックにも掲載されているので、観光客の方も多く来店するようになりました。波布食堂は那覇ふ頭の中にあるので、ちょっと分かりにくいかもしれませんが、道路沿いに看板が出ています。こんな看板です。

記事を読む

名嘉地そば、地元の人に長く愛されている沖縄そばの老舗

那覇空港から車で約15分、豊見城市(とみぐすくし)の「名嘉地そば」に行ってきました。昔から長く地元の人に愛されてきた沖縄そばの老舗です。お店の場所は高速名嘉地IC近く国道331と小禄バイパスがぶつかる名嘉地交差点付近で、目立つ大きな看板があって分かりやすいですよ。駐車場も広めですので、観光客の方もアクセスしやすいですよ。

記事を読む