紅豚の骨付ロースもトンカツも絶品‼ おきなわポークビレッジ

紅豚の骨付ロースもトンカツも絶品‼ おきなわポークビレッジ
読谷村の特産品、紅芋。紅芋タルトの原料で有名な紅芋をエサとして育てたのが紅豚です。そして、その紅豚の豚肉をおいしく食べることができるのが、読谷村にあるおきなわポークビレッジ。「豚は泣き声以外全部食べる」、と言われるほどウチナーンチュは豚肉好きです。そして、おいしいと評判の紅豚、その紅豚を使った料理はどんなおいしさか? 子供と一緒におきなわポークビレッジに行って食べてきました。

おきなわポークビレッジは読谷村の渡具知ビーチ内にあります。地元以外にはあまり知られていない穴場ビーチですよ。夕方には夕日がとてもきれいです。この日は夕方5時ごろにつきましたので、西日がとても眩しかったです。

読谷村の渡具知ビーチ

おきなわポークビレッジの店内はこんな感じです。海沿いですので太陽がとても眩しくて、きれいな店内です。

おきなわポークビレッジの店内写真

店内入り口には紅豚や紅アグーを使ったハムやソーセージや餃子などが売られています。見るからにおいしそうなので欲しくなりますね。

おきなわポークビレッジ店内の販売コーナー 1

おきなわポークビレッジ店内の販売コーナー 2

そしてこれがおきなわポークビレッジのメニューです。プラス百円でソフトドリンクがつきます。

おきなわポークビレッジのメニュー

おきなわポークビレッジの日替わり定食

おきなわポークビレッジのドリンクメニュー

人気No.1の「紅豚骨付ロースプレート」は絶対に外せません‼ この日は子供たちと一緒に来たので、「紅豚ロースかつ御膳」と「豚屋の気まぐれカレー」も注文。紅芋を食べて育てられた紅豚、どんな味なのかとても楽しみです。

紅豚骨付ロースプレート

鉄板の上でジュージューと美味しそうな音を出しながら運ばれてきたのが「紅豚骨付ロースプレート」。見るからにすごいボリュームです。しっかりと焼かれていて、豚の脂が流れでています。まずはソースや塩など何もつけずに、そのまま食べてみました。豚本来の肉のうま味と柔らかくて爽やかな脂身のおいしさが口の中に広がります。塩やソースをつけなくても、しっかりと豚肉本来のうま味を感じました。もちろん、塩やソースで食べても、また違った味わいになりおいしかったです。豚の脂はとても柔らかく爽やかで、全然脂っぽさを感じません‼ 脂がとても甘く、女性でもぺろりと食べきれるぐらいおいしいロースプレートです。これはぜひ食べて欲しい一品です。

紅豚ロースかつ御膳

続いては「紅豚ロースかつ御膳」。こちらもまずは何もつけないでトンカツを食べてみました。肉は柔らかくしっかりとした豚肉の味を感じました。衣もサクサクで食感がとてもよく、間違いなくおいしいトンカツです。紅豚本来のおいしさを最大限生かしたトンカツです。旨いこと間違いありません‼

豚屋の気まぐれカレー

そして「豚屋の気まぐれカレー」。半熟卵とカレーの組み合わせがとても美味しそうです。カレーもあまり辛くなく、みんなで仲良く分け合って食べました。定食メニューについている豚汁がとてもおいしく、子供たちもお腹いっぱい食べれて満足していました。

おきなわポークビレッジについて

日本の豚食文化発祥の地、沖縄。豚肉のおいしさを知り尽くしている生産者、シェフ、職人たちが手を取り合って育てている紅豚。そのおいしさは間違いありません。生産農家、加工・製造、そして販売まで一貫体制で作られている紅豚料理は、値段もリーズナブルでとてもおいしいです。しっかりとトレーサビリティが取れていますので、安心の豚肉です。ぜひ家族で食べに来てみてください。

紅豚の説明 1

紅豚の説明 2

おきなわポークビレッジはココ ↓

ソーキそばをはじめ沖縄料理のおいしいお店が知りたいなら


せっかく沖縄旅行に来るのだから、ソーキそばや沖縄料理のおいしいお店が知りたいですよね。私が参考にしている本は「ぴあ沖縄食本」。沖縄そばやラーメンだけでなく、ステーキ、イタリアン、中華、カフェなど、沖縄の色んなおいしいお店が網羅されています。写真も多く、最近の沖縄のおいしいお店が紹介されています。「人気ブロガーが選ぶ旨すぎる沖縄の店77 」は電子本ですが、なかなか面白いお店が紹介されています。うちなーんちゅの私も知らないお店も紹介されていて、参考になりました。

※画像をクリックすると直接Amazonのサイトで買えます
 

沖縄旅行を考えているなら、るるぶかJTBでの予約がおススメ‼



格安航空券をお探しなら、さくらトラベルで最安旅行券を検索してみてください


クレジットカード不要、後払いができるホテル・旅行の宿泊予約ならミニッツ (minute)


沖縄の格安レンタカー予約ならスカイレンタカー

スポンサーリンク