自家製のおいしいゆし豆腐定食が食べられるのが那覇市首里のななほし食堂

自家製のおいしいゆし豆腐定食が食べられるのが那覇市首里のななほし食堂れるのが首里にあるななほし食堂
日本の豆腐とは一味違うのが、沖縄の島豆腐です。チャンプルーのような炒め物に使える理由は、その豆腐そのものの硬さと大豆の味の濃さ。炒めても型崩れせず、ゴーヤーのような個性的な食材にもマッチするのは沖縄の島豆腐しかありません。そんな沖縄の島豆腐が安くおいしく食べられる食堂があります。それがななほし食堂。毎日手作り自家製で出来立ての豆腐料理が食べられます。毎日通いたくなるような家庭的で優しい味のななほし食堂。今回はそんなななほし食堂を紹介します。

ななほし食堂は那覇市の首里にあります。モノレール首里駅近くにあり、観光で首里城を訪れる方にもアクセスしやすい場所にあります。観光前のランチにはピッタリですよ。店内はちょっとおしゃれなカフェのような雰囲気です。沖縄によくある定番の大衆食堂とは雰囲気が違います。

ななほし食堂の店内写真

これがななほし食堂のメニューです。店内の雰囲気と違って、メニューは沖縄の大衆食堂の定番料理が並んでいます。どれも安いのがうれしいですね。今回はやっぱり出来立て手作りの豆腐の味を確かめたいので、定番の「ゆし豆腐定食」を注文。どんな豆腐が来るのか楽しみです。

ななほし食堂のメニュー

さてしばらく待っていると、ゆし豆腐定食が運ばれてきました。大きな器から、ゆし豆腐の香りが立ち込めています。お腹が鳴ります。

ゆしどうふ定食

まずはゆし豆腐を一口食べました。ゆし豆腐独特のホロホロとした柔らかさと、豆腐そのもの味を感じます。カツオダシベースのスープと豆腐の味が溶けあって、とてもやさしい味に仕上がっています。お酒をたくさん飲んだ後の次の日に食べたくなるぐらい優しい味です。できたて熱々のゆし豆腐は本当に柔らかく、そのおいしさは格別です。さすが自家製豆腐の食堂‼ ドンドン食べ進んでしまいました。オカズはポーク卵かチキンカツから選べます。今回は沖縄のランチ定番のポーク卵をチョイス。意外とボリュームがあって、かなりお腹いっぱいになりました。

ななほし食堂のお店情報

モノレール首里駅と首里城の間に位置するななほし食堂。首里駅から歩いて3分ほどの距離にありますので、観光客の方でも気軽に立ち寄ることができます。安くておいしい自家製の豆腐料理は、毎日通いたくなるぐらい優しい家庭的な味です。豆腐好きの方、観光で首里城を訪れる方、ぜひランチにななほし食堂に行って見てください。安くて優しくておいしい家庭料理でお腹いっぱいになりますよ。

ななほし食堂はココ ↓

ソーキそばをはじめ沖縄料理のおいしいお店が知りたいなら


せっかく沖縄旅行に来るのだから、ソーキそばや沖縄料理のおいしいお店が知りたいですよね。私が参考にしている本は「ぴあ沖縄食本」。沖縄そばやラーメンだけでなく、ステーキ、イタリアン、中華、カフェなど、沖縄の色んなおいしいお店が網羅されています。写真も多く、最近の沖縄のおいしいお店が紹介されています。「人気ブロガーが選ぶ旨すぎる沖縄の店77 」は電子本ですが、なかなか面白いお店が紹介されています。うちなーんちゅの私も知らないお店も紹介されていて、参考になりました。

※画像をクリックすると直接Amazonのサイトで買えます
 
スポンサーリンク