カツオの濃厚な香りと自家製麺がベストマッチの沖縄そば、民芸食堂

カツオの濃厚な香りと自家製麺がベストマッチの沖縄そば、民芸食堂
カツオの濃厚な香りと、さっぱりあっさり味の透明なスープ。そこにベストマッチの自家製の平打ちちじれ麺。そんなおいしい沖縄そばが食べられるお店が与那原町にある民芸食堂。驚くほど透明なスープから立ち上る上品で濃厚なカツオの香りは絶品です。意外とマイナーで知る人ぞ知る名店、民芸食堂。そのソーキそばを食べてきました。

与那原町はかつて港町として繁栄していて、そば処としても有名だったそうです。そんな与那原そばを再現したのが民芸食堂。民芸食堂は与那原町の中心部にあります。昔の古い店舗が改装されて新しくなっていました。

民芸食堂の外観

店内はテーブル席と座敷席がある、こじんまりとしています。家族連れや昼食休憩のサラリーマンでにぎわっています。

民芸食堂の店内写真

民芸食堂のメニューはこれです。写真付きだから、海外の旅行者にもわかりやすいですね。

民芸食堂のメニュー

まずは、定番のソーキそばを注文。そば処で知られている与那原町の与那原そば。楽しみです。

民芸食堂のソーキそば

さあ、ソーキそばがやってきました。スープを通して器の色が見えるくらい、澄んで透明なスープです。立ち上るカツオの香りが鼻を通っていきます。一口スープを飲むと、すっきりあっさりとした味ですが、しっかりとした旨味を感じます。しかも、ツルツルもちもちの食感がおいしい、平打ちちじれ麺がスープによく絡んでいます。平打ちちじれ麺の食感もよく、コシがあってもちもちした食感がとてもおいしく、どんどんと食べ進んでしまいます。ソーキはしっかりとした肉の味がして、あっさり味のそばによくあいます。コーレーグースを入れると辛みとコクが増して、また違った風味が楽しめます。とてもおいしいソーキそばで、最後まで残さず頂きました。

民芸食堂のお店情報

そば処として知られる与那原町。その与那原町で昔から人気のお店が民芸食堂です。港町として栄えた町のそば屋やらしく、かつおだしをベースとした沖縄そばは絶品です。透明であっさり味のスープは、夏バテしていて食欲がないときでもおいしく食べられます。与那原町まで足をのばして食べる価値はありますよ。沖縄そば好きなら、ぜひ一度は民芸食堂を訪れてみてください。

  • 住所: 〒
    901-1303 沖縄県与那原町与那原 433
  • 営業時間 11:00-16:00
  • 電話番号: 098-945-3154
  • 定休日: 木曜日
  • 駐車場: お店の横の駐車場をご利用ください
  • 予算: 180円 ~ 800円

民芸食堂はココ ↓

ソーキそばをはじめ沖縄料理のおいしいお店が知りたいなら


せっかく沖縄旅行に来るのだから、ソーキそばや沖縄料理のおいしいお店が知りたいですよね。私が参考にしている本は「ぴあ沖縄食本」。沖縄そばやラーメンだけでなく、ステーキ、イタリアン、中華、カフェなど、沖縄の色んなおいしいお店が網羅されています。写真も多く、最近の沖縄のおいしいお店が紹介されています。「人気ブロガーが選ぶ旨すぎる沖縄の店77 」は電子本ですが、なかなか面白いお店が紹介されています。うちなーんちゅの私も知らないお店も紹介されていて、参考になりました。

※画像をクリックすると直接Amazonのサイトで買えます
 
スポンサーリンク