本部港にある安くてうまくてボリュームたっぷりの食堂、みなと食堂

2020年9月27日

ボリューム満点でコスパ最強の食堂が本部港にあります。全品が400円から600円。しかし料理の味は美味しくてボリュームたっぷり。それがみなと食堂。本部町でも知る人ぞ知るコスパ最高の食堂です。食堂のある場所柄、地元でも知っている人は少ないのですが、一度通うとその味とボリュームに魅了されてしまいます。オバーとアンマー(おばちゃん)が営むアットホームな食堂、そんなみなと食堂に行ってきました。

みなと食堂は本部港の中にあります。名護市と本部町をつなぐ海側の道、国道449号線から一歩本部港に入った場所にあります。事前にGoogle Mapで場所を調べていれば迷うことはありません。

みなと食堂の店内はこんな感じです。ちょっと手狭ですが、なんかオバーの家にご飯を食べに行ったような雰囲気を感じました。

みなと食堂の店内写真

みなと食堂のメニューは壁に貼られています。ご覧のように全てのメニューが400円から600円です。一番高いメニューで600円なんですよ。この安さにはびっくりします。

みなと食堂のメニュー

この日は父と母と子供たちと一緒に来ました。いろんな料理の味を試してみたかったので、沖縄そば、カレーライス、野菜の煮込み、みそ汁定食、オムライスを注文。ボリュームが多いと聞いていたので食べきれるかちょっと心配です。

沖縄そば

まずは沖縄そば。スープは醤油と鰹出汁ベースでとても優しい味わいです。むかし懐かしい沖縄そばの味わいです。これはなかなかうまい‼ 写真の見た目だけでは分かりにくいと思いますが、なかなかボリュームがあります。

みそ汁定食

続いては沖縄食堂によくある、具沢山のみそ汁定食です。全てメニューに小鉢が2品、小さな沖縄そば、そしてご飯までついてきます。これはかなりボリューム満点です。野菜たっぷりのみそ汁。出汁と味噌の味わいが優しく、とてもおいしいです。まさに沖縄のオバーの優しい味わいが楽しめます。

野菜の煮つけ

野菜の煮つけも、とても優しくしっかりとした味わいに仕上がっています。私の父も母もこの味付けは気に入ったようです。しかしこちらもボリュームがたっぷりでなかなか食べきれません。

カレーライス

こちらも昔懐かしいちょっと黄色味を帯びたカレーライスです。意外とちょっと辛くて、うちの子供はあまり食べることができませんでした。私と父でおいしく食べました。オムライスも注文しましたが、こちらのボリュームも多く、さすがに食べきれなかったので家に持ち帰りました。

みなと食堂について

昔からある沖縄の田舎の食堂、みなと食堂。味付けもよく、ボリュームもあり、小鉢などの料理の種類も豊富で、接客もオバーとアンマーのアットホームな雰囲気。そして何より安い! この美味しさでこのボリュームでこの安さ! 沖縄の食堂の良いところをギュッと詰め込んだような食堂です。食後にはサービスでナシを提供してくれました。食べきれないほどのボリュームでこんなに安い。ドライブ途中やお腹を空かせたときにぜひ行ってみてください。オバーのアットホームな接客に少し癒されますよ。

  • 住所: 〒
    905-0225 沖縄県本部町崎本部 5209
  • 営業時間 11:30~16:00
  • 電話番号: 0980-47-5590
  • 定休日: 日曜日、木曜日
  • 駐車場: お店の横に駐車スペースがあります
  • 予算: 400円 ~ 600円

みなと食堂はココ ↓

ソーキそばをはじめ沖縄料理のおいしいお店が知りたいなら


せっかく沖縄旅行に来るのだから、ソーキそばや沖縄料理のおいしいお店が知りたいですよね。私が参考にしている本は「ぴあ沖縄食本」。沖縄そばやラーメンだけでなく、ステーキ、イタリアン、中華、カフェなど、沖縄の色んなおいしいお店が網羅されています。写真も多く、最近の沖縄のおいしいお店が紹介されています。「人気ブロガーが選ぶ旨すぎる沖縄の店77 」は電子本ですが、なかなか面白いお店が紹介されています。うちなーんちゅの私も知らないお店も紹介されていて、参考になりました。

※画像をクリックすると直接Amazonのサイトで買えます