70年以上も長く愛されてきた沖縄そばの老舗、丸隆そば

70年以上も長く愛されてきた沖縄そばの老舗、丸隆そば
長年、名護市の地元の人たちのお腹を満たしてきた沖縄そばの名店があります。それが今日紹介する丸隆そば。昭和23年、1948年創業で、70年以上も名護市で愛されてきた沖縄そばの老舗です。名護市の成長期の子供たちの胃袋を長年支えてきた老舗に行って、その沖縄そばを味わってきました。

丸隆そばは沖縄県立名護商工高校の目の前にあります。近くには沖縄県立農業大学校や名護高校もあります。丸隆そばのすぐ近くに学校があり、長く地元の子供たちの胃袋を満たしてきたことが分かります。店内はテーブル席と座敷席が多く、家族連れでも気軽に入れる雰囲気です。

丸隆そばの店内写真

丸隆そばのメニューがこれになります。近くに高校があるため、かなり手頃な値段ですね。高校生たちからたくさんお金を取るわけにはいきませんからね。今回は元祖ソーキそばとテビチ定食を注文。長く地元で愛されてきたソーキそばの味が楽しみです。

丸隆そばの沖縄そばメニュー

丸隆そばの定食メニュー

さて、ソーキそばがやってきました。平麺に大ぶりのソーキがのっていて、おいしそうですね。

ソーキそば

スープは豚骨ベースのしっかりとしたコクとうま味を感じます。しかし油っぽさはなく、しっかりとしたスープの味が平麺によく絡みかなりおいしい沖縄そばです。ソーキも肉の味がしっかりとしています。食べた後の満足感があり、長く地元で愛されてきた老舗なんだと感じました。

テビチ定食

続いてはテビチ定食。+200円で沖縄そばが並盛にできる、かなりお得な定食です。テビチはよく煮込まれていて柔らかく、まさに骨の髄までしっかりと食べることができます。しっかりと味付けされたテビチは、これぞまさに沖縄の味。ボリュームたっぷりの定食は家族連れや成長期の高校生にピッタリです。かなりお腹いっぱいになりました。

丸隆そばのお店情報

1948年創業、名護市で70年以上も愛されてきた沖縄そばの名店、丸隆そば。以前は名護市の玄関口、世冨慶交差点にあり、観光客の方もたくさん通っており、沖縄そばを県外に広めた名店の一つでもあります。今は名護商工高校の前に移転されていて、地元の高校生や家族連れでにぎわっています。名護市で沖縄そばを食べたいなら、ぜひ丸隆そばをお試しください。

丸隆そばはココ ↓

ソーキそばをはじめ沖縄料理のおいしいお店が知りたいなら


せっかく沖縄旅行に来るのだから、ソーキそばや沖縄料理のおいしいお店が知りたいですよね。私が参考にしている本は「ぴあ沖縄食本」。沖縄そばやラーメンだけでなく、ステーキ、イタリアン、中華、カフェなど、沖縄の色んなおいしいお店が網羅されています。写真も多く、最近の沖縄のおいしいお店が紹介されています。「人気ブロガーが選ぶ旨すぎる沖縄の店77 」は電子本ですが、なかなか面白いお店が紹介されています。うちなーんちゅの私も知らないお店も紹介されていて、参考になりました。

※画像をクリックすると直接Amazonのサイトで買えます
 
スポンサーリンク