築130年以上日本式家屋の古民家で頂く沖縄そば、古民家食堂

築130年以上日本式家屋の古民家で頂く沖縄そば、古民家食堂
これまで屋宜家真壁ちなーなど、築100年以上の沖縄古民家食堂を紹介してきました。沖縄の古き良き雰囲気を感じられる建物の中で食べる沖縄そばは、味も雰囲気も抜群です。一方、沖縄式古民家と雰囲気の異なる、日本式家屋の古民家でもおいしい沖縄そばや料理をいただくことができます。それが「古民家食堂」(こみやしょくどうとよびます)。築130年以上の日本式家屋の古民家をわざわざ新潟県から移設した本物の日本式古民家です。そんな古民家食堂で沖縄そばを食べてきました。

古民家食堂は那覇市と南風原町のちょうど間くらいにあります。高速道路の首里インターから車で5分程度の距離ですので、観光客の方もアクセスしやすいと思います。お店の中はやはり日本式家屋の雰囲気が漂っています。沖縄の古民家とはかなり違いますね。

古民家食堂の店内写真1

古民家食堂の店内写真2

壁には昔日常で使われていた道具などが飾られています。天井も吹き抜けで梁が見え、かなり沖縄の古民家とは構造が違うのが分かります。

壁に飾られている昔の日用品

古民家食堂のメニューはこんな感じです。写真付きですので、海外の観光客の方にも分かりやすいと思います。ちょっと照明が反射してうまく撮影できませんでした。このページの下に古民家食堂のホームページへのリンクを付けました。こちらのほうがメニューが分かりやすいですよ。

古民家食堂のメニュー1

古民家食堂のメニュー2

今回はお店おススメの「古民家そば定食」を注文。雑穀米、サラダ、チキン、小鉢のついたお得なセットメニューです。

古民家そば定食

さてこれが古民家そば定食です。ソーキ、テビチ、3枚肉がのった古民家そばがおいしそうですね。まずはスープを一口飲んでみます。カツオダシのよく効いたさっぱりとしたスープです。それでもしっかりとしたダシの味とコクを感じます。トッピングのお肉もソーキ、テビチ、3枚肉と3種類ありますので、それぞれ違った味と食感を楽しめます。雑穀米、サラダ、チキン、小鉢とボリュームたっぷりのお得なセット。最後まで食べたらお腹いっぱいになりました。

古民家食堂のお店情報

築130年以上の日本式古民家。わざわざ新潟から運んできて造り上げた本物の日本式家屋です。日本家屋特有の高い天井、松やケヤキの太い柱や梁など、とても落ち着いたリラックス出来る空間がいいですよ。沖縄古民家とはまた違った雰囲気を感じます。沖縄では貴重な日本式家屋で食べられるおいしい沖縄そば。他の定食もおいしそうです。ちょっと違った雰囲気で沖縄そばを食べたくなったら、古民家食堂はおススメですよ。木のぬくもりを感じながら食べる沖縄そばはおいしいです。

古民家食堂はココ ↓

ソーキそばをはじめ沖縄料理のおいしいお店が知りたいなら


せっかく沖縄旅行に来るのだから、ソーキそばや沖縄料理のおいしいお店が知りたいですよね。私が参考にしている本は「ぴあ沖縄食本」。沖縄そばやラーメンだけでなく、ステーキ、イタリアン、中華、カフェなど、沖縄の色んなおいしいお店が網羅されています。写真も多く、最近の沖縄のおいしいお店が紹介されています。「人気ブロガーが選ぶ旨すぎる沖縄の店77 」は電子本ですが、なかなか面白いお店が紹介されています。うちなーんちゅの私も知らないお店も紹介されていて、参考になりました。

※画像をクリックすると直接Amazonのサイトで買えます
 
スポンサーリンク