タコライス発祥の店と言えば金武町のキングタコス!正真正銘の元祖

タコライス発祥の店と言えば金武町のキングタコス!正真正銘の元祖
沖縄と言えば、その独特の沖縄料理が有名ですよね。沖縄そば、チャンプルー、ぜんざい、みそ汁など、沖縄県外とは全く違う沖縄独特にアレンジされたB級グルメがたくさんあります。そんな沖縄独特のB級グルメで忘れてはいけないのがタコライスです。メキシコ料理のタコスの具材をご飯の上に乗せた、沖縄独特のチャンプルー(ミックス)料理です。そんなタコライス発祥の店と言えば、金武町にあるキングタコスです。今は亡きキングタコス創業者の儀保松三氏が1984年に考案したタコライスは、そのボリュームとパンチの効いた味が沖縄県民や米兵を中心に人気が広まり、今では沖縄を代表する料理になりました。今回はタコライス発祥の店、キングタコスを紹介します。

キングタコスは沖縄県で6店舗を展開しています。その本店は金武町にあります。キングタコスのメニュー表がこれになります。

キングタコスのメニュー表

店内は1階が注文カウンターで、2階がイートインスペースになっています。

キングタコスの1階のカウンター

キングタコス2階の席

この日は平日のランチに行ったので、タコス4ピースとチーズタコライスを注文。野菜も乗ったタコライスもあるんですが、タコスの具材が食べていると落ちるので、チーズタコライスにしました。

タコスとチーズタコライス

キングタコスのオリジナルの辛いタコソースをかけて、まずはタコスを食べます。パリパリのタコス皮、ピリ辛なソース、そしてボリュームのある挽肉、やっぱりうまい! でも食べているとボロボロと具材が落ちてきます。誰かタコスを上手な食べ方を教えてもらいたいものです。

タコライスにもタコソースをかけていただきます。ボリュームたっぷり! さすがにタコス4ピースとタコライスは一人では食べきれない量なので、持ち帰りました。

タコスとタコライスが有名なキングタコスですが、ハンバーガーも特大サイズでアメリカンな味でおいしいですよ。テイクアウトでハンバーガーを持ち帰って、次の日のランチ頂きました。

チーズバーガー

この写真ではちょっと分かりにくいかもしれませんが、キングタコスのハンバーガーもかなりボリュームがありますよ。直径約12㎝、高さ約9㎝、持っているとズシリと重みを感じます。ちょうど小さな赤ちゃんの頭の大きさぐらいはあります。女性一人では食べきれないぐらいのボリュームですよ。私もお腹いっぱいになりました。

キングタコスのお店情報

もし沖縄でタコライスを食べたいなら、やっぱり金武町にあるキングタコス本店に行ったほうがいいですよ。金武町には米軍基地もあり、キングタコス周辺も、昔の沖縄独特の雰囲気が感じられます。

キングタコスの駐車場案内看板

キングタコスの駐車場は近くに4か所あります。私のおススメはアクティブパーク公共駐車場です。キングタコスから歩いて4~5分程度のところにあります。

アクティブパーク公共駐車場

キングタコス周辺の地域は「新開地」といって、昔、ベトナム戦争の時米兵でにぎわった地域です。英語の看板も多く、今でも米軍統治時代の雰囲気が残っています。英語の看板とコンクリートの建物、ウォールアートのような派手なイラストが描かれた壁が並び、異国を訪れたような感覚を味わうことができます。特に週末の夜は米兵の人たちも飲みに出るので、異国の雰囲気を感じることができます。

キングタコスの場所はこちら ↓

沖縄のカフェやレストランが知りたいなら


せっかく沖縄旅行に来るのだから、キレイな景色でおいしいコーヒーを飲んだり、雰囲気のいいカフェで一息つきたいですよね。私が参考にしている本はこれです。どの本も写真が多くてキレイで分かりやすいです。

※画像をクリックすると直接Amazonのサイトで買えます
 
スポンサーリンク