朝でも昼でも深夜でも沖縄家庭料理が食べられる!那覇市のいちぎん食堂

朝でも昼でも深夜でも沖縄家庭料理が食べられる!那覇市のいちぎん食堂
早朝でも、ランチでも、24時を回った深夜でも、24時間美味しい沖縄の家庭料理が食べられる。それが今回紹介する那覇市のいちぎん食堂です。那覇市民には昔から愛されているよく安くておいしい、昔なじみのある食堂です。那覇市の中心街の久茂地にあり、観光客の方でも気軽に沖縄の家庭料理が食べられます。

久茂地橋から国道58号線に向かって歩いていると、いちぎん食堂の看板が見えてきます。那覇市民ならだれでも見たことがある看板です。

いちぎん食堂の看板

店内に入ると左側に食券機があります。ここでまずは食券を買って店員に渡します。

いちぎん食堂の食券機

いちぎん食堂はメニューが多く、どれを食べようか迷います。写真付きのメニュー表でもあれば選びやすいのですが。いちぎん食堂の店内はこんな感じです。昭和の雰囲気が残る大衆食堂の雰囲気を感じます。

いちぎん食堂の店内写真 1

いちぎん食堂の店内写真 2

どれを食べようか迷いましたが、まずは定番のAランチを食べてみました。

Aランチ

これがいちぎん食堂のAランチ(910円)です。エビフライ、ハンバーグ、鶏の唐揚げ、アジフライ、ベーコン、ポーク、目玉焼き、マカロニ、さらにスープがついたボリュームたっぷり。それぞれのメニューも家庭での手作り感を感じる優しい味わいでした。これぞAランチです。

別の日にまたいちぎん食堂に食べに行ってきました。この日は名護そば定食(800円)を注文しました。

名護そば定食

これが名護そば定食です。平麺の名護そばに刺し身とポークと卵焼き、そしてご飯までついてこちらもボリュームのある定食です。まずは名護そばから食べてみました、食べ応えのある平麺とスープがよくマッチしていました。カツオだしと醬油ベースのスープは優しい味わいで、それに食べ応えのある平麺がよく合います。三枚肉やソーキもしっかりと味付けされていて、満足感のある定食でした。お腹いっぱいになりました。

いちぎん食堂について

24時間365日、早朝でも深夜でも沖縄の家庭料理が食べられるいちぎん食堂。那覇市の中心地である久茂地にあるので、観光客の方にも朝食やランチ、さらには飲んだ後の〆の沖縄そばとして食べてほしい老舗の食堂です。

いちぎん食堂はココ ↓

沖縄に来たら地元で人気の食堂やレストランで食事したいですよね


せっかく沖縄に旅行に来ているのだから、ソーキそばや沖縄料理のおいしいお店を知りたいですよね。私が参考にしている本は「アゲアゲめし 公式ガイドブック」です。沖縄そばやラーメンはもちろん、ステーキ、イタリアン、中華、カフェなど、さまざまな沖縄のおいしいお店が網羅されています。アゲアゲめしは沖縄のローカルで放送されている人気の番組なので外れはありません。



もちろん旅行書の定番の「るるぶ」なども参考になりますよ。



沖縄旅行を考えているなら、るるぶかJTBでの予約がおススメ‼



格安航空券をお探しなら、さくらトラベルで最安旅行券を検索してみてください


クレジットカード不要、後払いができるホテル・旅行の宿泊予約ならミニッツ (minute)


沖縄の格安レンタカー予約ならスカイレンタカー

スポンサーリンク