あっさり味の本格宮古そばがおいしい、そば処ひらら

宮古そば処ひらら
沖縄そばと一言で言っても色々な種類があります。スタンダードなものはそばの上にソーキをのせたソーキそばなのですが、沖縄の地域によっても違いがあります。沖縄そば、宮古そば、八重山そばなどそれぞれに特徴があり、食べ比べてみても面白いですよ。今回は本格宮古そばがおいしい、そば処ひららを紹介します。

そば処ひららは、豊見城市高安にあります。平日も休日も地元のお客さんでにぎわう人気店です。店内はいかにも沖縄の大衆食堂って感じのアットホームな雰囲気です。

そば処ひららの店内写真

メニューは店内の壁に貼られています。こういうところも、いかにも沖縄のそば屋さんですね。

ひららのメニュー

さて、やはりひららに来たら、本格的な宮古そばが食べたいですよね。なので迷わずに宮古そば(大)を注文。なかなか本格的な宮古そばを食べれるお店は少ないですので、楽しみです。

宮古そば

さて、宮古そばがやってきました。一見して麺とネギだけのシンプルなおそばに見えます。でも麺の下にはお肉とカマボコが隠されているんですよ。これが宮古そばの特徴です。ちょっと面白いですね。麺は宮古島から取り寄せているストレートの細麺。そしてスープはカツオ出汁がベースのあっさり味。鶏とカツオのブレンド出汁で、毎日食べても飽きのこない優しい味です。見た目とは異なり、意外にもボリュームがあってお腹いっぱいになりますよ。

宮古そばの下に具が隠されている

宮古そば以外のソーキそばやテビチそばもおいしいですよ。優しいスープはテビチにもソーキにもよくマッチします。テビチそばにはジューシーが付きますので、お得ですよ。

てびちそば(大)ジューシー付き

宮古そばひららについて

さっぱりとした優しいスープに、ストレートの細麺がおいしい宮古そば処ひらら。麺の下に具を隠す、本格的な宮古そばが味わえます。なぜ肉やカマボコを麺の下に隠すのか? 具が乾燥しないようにするため、麺を多く見せるようにするため、昔重税に苦しんでいた宮古島の人が、具を食べることができないくらいに貧乏だとアピールするため、など諸説色々あります。

今では宮古島でも少なくなってきた、本格的な宮古そばが食べられるそば処ひらら。いつもの沖縄そばと違う味を試したいときは、ぜひひららもお試しください

そば処ひららはココ ↓

ソーキそばをはじめ沖縄料理のおいしいお店が知りたいなら


せっかく沖縄旅行に来るのだから、ソーキそばや沖縄料理のおいしいお店が知りたいですよね。私が参考にしている本は「ぴあ沖縄食本」。沖縄そばやラーメンだけでなく、ステーキ、イタリアン、中華、カフェなど、沖縄の色んなおいしいお店が網羅されています。写真も多く、最近の沖縄のおいしいお店が紹介されています。「人気ブロガーが選ぶ旨すぎる沖縄の店77 」は電子本ですが、なかなか面白いお店が紹介されています。うちなーんちゅの私も知らないお店も紹介されていて、参考になりました。

※画像をクリックすると直接Amazonのサイトで買えます
 
スポンサーリンク