B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 HINOTORI@沖縄コンベンションセンターに行ってきました!

B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 HINOTORI@沖縄コンベンションセンターに行ってきました!

そうなんです‼ B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 HINOTORIに行ってきました‼ 稲葉さんの生歌と松本さんのギターの生音を同じ空間で味わうことができて、とても幸せな時間を過ごすことができました。本当にたくさんのPleasureをもらうことができました。沖縄で生のB’zのLIVEを経験できたことに感謝‼ 今回は沖縄の紹介ではなく、ただのB’zファンとしての私の感想です。ご容赦ください。

Bz LIVE-GYM Pleasure 2018 HINOTORI@沖縄コンベンションセンター

この日は朝から快晴。とてもいい天気でした。まさに夏の沖縄‼ 沖縄コンベンションセンターの裏手にはトロピカルビーチがあり、海水浴やバーべーキューを楽しんでいる人もたくさんいました。海がきれいですね。

トロピカルビーチ1

トロピカルビーチ2

もちろんライブグッズも買いましたよ。予定以上に買ってしまいましたが、、、お祭りなのでいいですよね。会場内に商品サンプルがあってサイズが分かりやすかったです。

グッズ販売

グッズ販売のサンプル

CD・DVD特典販売で、抽選100名様に直筆サイン色紙があったのですが、残念ながら私は抽選に落ちてしまいました。サイン色紙欲しかったな。

ツアー会場CD特典販売

ちなみに買ったのはLIVE Dinosaur。今回のLIVE-GYM Pleasure 2018を思い出しながら見ています。さすがの迫力です。下の画像をクリックしたらAmazonのサイトに行けますよ。Amazonで買えるB’zグッズはここをクリック

そして、ワクワクしながら開演の時間を待ちます。残念ながらLIVE会場は撮影禁止のため、ここから先はB’zファンとしての私の感想です。

一言でいうと、生歌、生音スゲエーーーーー。体の芯まで響く音の迫力、内臓の内側まで響く生音の迫力に圧倒されました。最初のUltra soulから一気に会場のエネルギーがマックス‼ 続いて、BLOWIN’。高校生の頃、馬鹿になるくらい聞いていた曲を、リアルで聞けて最高! 自分が小学生、中学生、高校生だった頃の気持ちがグッと一気にこみ上げてきました。

もちろん、「B’zのLIVE-GYMにようこそ‼」の演出もちょっとお茶目で面白かったです。さて、今回はどんな演出だったのか? それは会場でお確かめください。

他にも懐かしい曲がいっぱい聞けました。Wonderful OpportunityOH GIRLBAD COMMUNICATION裸足の女神ねがいなど、私が学生だった頃、何度も聞いていた曲を目の前で聞くことができて、体全体で感じることができました。懐かしさや嬉しさ、恥ずかしかった思い出など、いろんな感情が一気に湧いてきました。

やっぱり、LIVE-GYM Pleasureですので、Pleasureの曲の続きも聞けましたよ。歌の主人公の人生は2013年以降どうなっているのか? ちょっと分かりました(笑)。そしてPleasure定番の恋心。稲葉さん自ら踊りを教えてくれました。ちょっとお茶目な稲葉さんも、もっとお茶目な松本さんも面白かったです。

そして、このHINOTORIのために作ってくれた新曲も演奏してくれました‼ LOVE PHANTOMからの転調かと思いきや・・・・・ 続きはライブ会場で直接味わってください。

本当にたくさんの名曲を楽しませていただきました。ざっと覚えているだけで20曲以上‼ アンコールも含めて2時間30分の長いライブでしたが、本当に密度の濃い時間を過ごすことができました。「あと3曲ぐらい演奏するんじゃないの?」 って思うほど、時間の流れが早かったです。自分でもビックリしました。ライブ全体的な雰囲気も、テーマのHINOTORIらしい演出で楽しめました。

アンコールで聞いたRUNBrotherhood。学生の頃、CDが擦り切れるほど聞いていた曲です。この年齢になって聞くと、歌詞が心に染みてきます。やっぱり自分の人生経験を重ねて改めて聞くと、また違った味わいを感じます。少し泣けてしまいました。

私の席は会場の後ろのほうでしたが、沖縄コンベンションセンターはあまり大きな会場ではなく、肉眼で稲葉さんや松本さんが見える距離でした。それでも会場の大型モニターの映像が、家で見ているライブBlu-rayそのものでとても面白かったです。目の前でライブ演奏しているのに、どっちを見ていいのか? どっちも見たくなる。そんな不思議な気持ちになりました。

大人になっても、こんなに楽しい人生のPleasureを味わうことができるのはB’zのおかげです。B’zの30年の全てに感謝‼ そしてまた来年もライブに行くぞ‼

スポンサーリンク