熱帯魚と一緒に泳げる沖縄の海、備瀬崎ビーチ【動画付き】

熱帯魚と一緒に泳げる沖縄の海、備瀬崎ビーチ【動画付き】
沖縄と言えば海‼ キレイな海で泳ぎたいですよね。できれば熱帯魚と一緒に泳ぎたいですよね。そんなあなたにおススメの熱帯魚と一緒に泳げる沖縄のビーチを紹介します。まず紹介するのは「備瀬崎ビーチ」(びせさきビーチ)。美ら海水族館や備瀬のフクギ並木に近くにある自然ビーチです。実際に泳いでいる動画付きですので、備瀬崎ビーチの様子がよく分かりますよ。沖縄の海で熱帯魚と一緒に泳いでみたい人には、備瀬崎ビーチはおススメ。シュノーケリングだけで熱帯魚と一緒に泳げます。海岸からすぐの場所にたくさんのサンゴ礁があり熱帯魚が泳いでいますので、気軽にシュノーケリングで熱帯魚と一緒に泳げます‼ 小学校2年生の私の娘も何度も泳いでいますので、子供連れの観光客の方でも安心して泳げます。実際、海外の観光客の方も、日本の観光客の方もたくさん泳いでいます。

備瀬崎ビーチで熱帯魚と一緒に泳いでいる様子を動画でご覧ください

まずは言葉よりも写真よりも実際に泳いでいる動画をご覧ください。この動画はスマホを持って泳ぎながら撮影したものです。常に片手がスマホでふさがっていますので、手ぶれがけっこうあります。さらに所々ピントが合っていません。水中だとスマホのタッチパネルの操作もできないので、ご理解下さい。プロの水中カメラマンとはレベルが違いますが、それでも実際に泳いでいる臨場感は感じられるかと思います。

いかがでしたか? シュノーケリングで泳いでいますので、実際に泳いでいるときの呼吸音や水の音がそのままです。ルリスズメダイ、フエダイやナンヨウハギなど定番の熱帯魚が泳いでいる様子がたくさん見られますね。サンゴもたくさんあって、熱帯魚がサンゴの周りで泳いでいるのがよく分かりますね。潜り始めの場所は3~4mくらいの深さですが、その他の場所は膝下くらいの深さです、大体50㎝くらい。初心者の方でもライフジャケットがあれば安全に泳げますので、足が届かないと心配しなくても大丈夫です

続いては別の方向に向かって泳いでいる動画です。備瀬崎ビーチは海岸からすぐの場所にたくさんのサンゴ礁があり、そのサンゴ礁に生息している熱帯魚と一緒に泳げますよ。あなたも水中メガネとシュノーケルとマリンシューズがあれば、簡単に熱帯魚と一緒に泳ぐことができます。備瀬崎ビーチは自然のビーチですのでサンゴ礁や岩が多く、マリンシューズがないと足を怪我してしまいます。

最後は海岸近くの別の場所のサンゴ礁で泳いでいる熱帯魚の様子をご覧ください。これは恐らくアオサンゴの一種だと思いますが、ちょっと指が映ってしまっていますが、そこはご愛嬌ということで。。。この場所の水深は約1mくらいですので、子供でも安全に泳ぐことができますよ。

このページで紹介した備瀬崎ビーチの範囲はこんな感じです。海岸から近くの範囲です。次回は備瀬崎ビーチのリーフ付近や南側も動画付きで紹介します。

熱帯魚と一緒に泳げる沖縄の海 備瀬崎ビーチの上空写真

備瀬崎ビーチの情報

備瀬崎ビーチは観光客でも気軽に熱帯魚やサンゴを見ながら泳げる自然ビーチです。駐車場もトイレも温水シャワーもありますので、観光客の方でも気軽に熱帯魚と一緒に泳げます。近くのショップではシュノーケルセットもレンタルできます。美ら海水族館や備瀬のフクギ並木まで来たなら、ぜひ備瀬崎ビーチも訪れてみてください。泳げなくても、海岸から沖縄の熱帯魚やサンゴ礁を見ることができますよ。

  • 住所:〒905-0207 沖縄県国頭郡本部町備瀬639−26
  • 駐車場:20台以上 料金500円
  • 時期:6月上旬から9月下旬くらいがオススメです
  • 水深:0.5m~4m (潮の流れによって変わります)
  • トイレ:駐車場に無料トイレがあります
  • シャワー:ビーチ近くに300円の温水シャワーがあります
備瀬崎ビーチはココ↓

備瀬崎ビーチで泳ぐ際の注意点

備瀬崎ビーチは危険なビーチではありませんが、やはり自然のビーチですので安全に沖縄の海を楽しむために注意してほしいポイントがあります。以下のポイントに気を付けてください。

① 準備運動をしましょう

沖縄の海にテンションが上がって、急に泳ぎだして足がつる。これは痛いだけではなく、結構気持ちがへこみます。そうならないためにも、きちんと準備運動をして海に入りましょう。

② 日焼けに注意

沖縄の陽射しはかなりすごいです。紫外線の量は日本本州の約10倍‼ 1~2時間も泳げばかなり日焼けてしまいます。日焼け止めだけでは防げません。曇り空でも安心できません。泳いでいると水にぬれているので、日に焼けたことになかなか気が付きません。日焼けに気が付かずに泳いでいると。夜眠るときに、背中や顔が痛くなってきます。日焼けと言っても軽い火傷と変わりません。そうならないためにも、ラッシュガードのような服を着て泳ぐことをおススメします。伸縮性があって動きやすく、すぐに乾くので海で泳ぐのにピッタリ。サンゴや岩の擦り傷防止にもなります。女性は体のラインが見えにくくなりますよ。

※画像をクリックすると直接Amazonのサイトで買えます
 

③ サンゴによる擦り傷や切り傷に注意

備瀬崎ビーチは自然ビーチのためサンゴ礁や岩が自然そのままにあります。だから泳いでいると、擦り傷や切り傷などのケガをすることがあります。とても裸足では泳げません‼ 特に足はケガしやすいので、マリンシューズを履いて泳ぐのをおススメします。サンダルだと脱げてしまうので、マリンシューズが一番。1,000円~2000円程度で買えます。ケガ防止のためにご用意ください。

※画像をクリックすると直接Amazonのサイトで買えます


④ 泳ぎが苦手な人はライフジャケットを着用ください

海は満潮や干潮があり、時間によっては同じ場所でも水深が違います。干潮の時は1m以下の水深でも、満潮時は2m以上になる場合もあります。また干潮でも、場所によっては足がとどかない場所もあります。浮き輪でもいいのですが、水中メガネをつけて熱帯魚と一緒に泳ぐには、ライフジャケットがベストです。子供用もありますよ。

※画像をクリックすると直接Amazonのサイトで買えます


⑤ 水中動画をスマホで撮影したいならこんなアイテムがあります

このページで紹介した水中動画はスマホで撮影しています。普通のスマホを防水ケースでカバーして撮影していました。下の画像のような防水ケースを持っていると、だれでも簡単に水中動画を撮影できます。海でもプールでも使えますので、夏のレジャーにピッタリ! ただ、水中ではスマホのタッチパネルは全然使えません。これはしょうがないですが。。。。念のため、使用前にティッシュを使って防水テストをした方がいいですよ。

※画像をクリックすると直接Amazonのサイトで買えます


⑥ 潮の流れに注意

海は大体12時間周期で満潮から干潮、干潮から満潮を繰り返します。満潮から干潮の場合は潮が引いていきますので、だんだんと水深は浅くなっていきます。ただ海水が引いていきますので、海岸から離れる方向に流れていきます。流れる方向の途中は水深が深い部分もありますのでご注意ください。離岩流と言ってかなり潮の流れが速いです。泳ぐスピードよりも速い流れです。実際、私も浮き輪で流されていく子供を何人か拾いました。ただ流された先は水深が浅いので、沖まで流されることはありません。ご安心ください。

備瀬崎ビーチの潮の流れ注意点(満潮から干潮)

干潮から満潮の時は逆の流れです。潮の流れをチェックするのならYahoo 天気が良いと思います。リンク先は那覇のデータですが、潮位の時間は場所によってそんなに変わりませんので、事前にチェックすることをおススメします。

⑦ もっと沖縄のビーチが知りたければ

こんな本がおススメです。実際に私も買って持っています。「沖縄ビーチ大全505」は、よくこれだけ調べたと感心するぐらい、たくさんのビーチが写真付きで紹介されています。「沖縄スノーケリングガイド」は、初心者でも楽しめる厳選50ポイントが掲載されています。すべての海を泳いでみたいですね。

※画像をクリックすると直接Amazonのサイトで買えます
 

以上、安全に気を付けて沖縄の海を楽しんでください。

スポンサーリンク