読谷村の番所亭はしっかりカツオダシとソーキ・テビチ・三枚肉の3種類の沖縄そば

読谷村の番所亭はしっかりカツオダシとソーキ・テビチ・三枚肉の3種類の沖縄そば
沖縄本島のちょうど中間に位置する読谷村。古くは沖縄の宿場町として栄えていた読谷村にも、おいしい沖縄そばの店はたくさんあります。今回はしっかりとしたカツオダシのスープに、ソーキ・テビチ・三枚肉の三種類の肉の組み合わせが絶品の「番所亭(ばんじゅてい)」を紹介します。番所亭の沖縄そばはさっぱりとしたカツオダシのスープと、3種類の肉のこってり感が絶妙にマッチして、毎日食べても飽きませんよ。

番所亭は沖縄本島の大動脈、国道58号線を北に向かってい走ると左手側の側道沿いにあります。番所亭の周辺はおいしい沖縄そばの店やラーメン店もありますので、食べ歩きにもいいですよ。店内はいかにも沖縄そばのお店の雰囲気です。テーブル席と座敷席があります。

番所亭の店内写真1

番所亭の店内写真2

番所亭のメニューがこれになります。今回はボリュームたっぷりの「フェレ―すば」を注文。フェレ―の意味が何なのか気になりますが、とりあえずこれを注文。楽しみです。

番所亭のメニュー

お待ちかねのフェレ―すばがやってきました。カツオダシの爽やかな香りが漂います。

フェレーそば

まずはスープを一口飲んでみます。さっぱりとしたカツオダシの味と香りが口に広がります。さっぱりとしていますが、しっかりと濃厚なカツオの旨味を感じます。続いては中太のちじれ麺を食べてみます。ツルツルとした食感、そしてしっかりとした歯ごたえがあります。ウコンが練りこまれている自家製麺は、ハリもコシも十分です。かなり食べ応えがあります。生ショウガもヨモギもスープによくマッチしています。食感や風味を変えてくれるアクセントになっていて、かなりおいしいです。ソーキ、テビチ、三枚肉も肉の味がしっかりして、こってりとした肉の味が爽やかなスープに絶妙にマッチしています。かなりおいしい沖縄そばです。ボリュームにも味にも満足しました‼

番所亭のお店情報

古くは沖縄の宿場町として栄えた読谷村。昔、名護市から那覇市に向かって歩いていると、ちょうど読谷村当たりで夕暮れになったそうです。そのため、この辺りは宿場町として栄えていましたが、周辺には盗賊がいたそうです。盗賊は沖縄の古い方言でフェレーと言うそうです。番所亭はそんな盗賊が食べていたであろうボリュームたっぷりの沖縄そばを作ってみたそうです。たしかにボリュームたっぷりでおいしい沖縄そばでした。

番所亭はココ ↓

ソーキそばをはじめ沖縄料理のおいしいお店が知りたいなら


せっかく沖縄旅行に来るのだから、ソーキそばや沖縄料理のおいしいお店が知りたいですよね。私が参考にしている本は「ぴあ沖縄食本」。沖縄そばやラーメンだけでなく、ステーキ、イタリアン、中華、カフェなど、沖縄の色んなおいしいお店が網羅されています。写真も多く、最近の沖縄のおいしいお店が紹介されています。「人気ブロガーが選ぶ旨すぎる沖縄の店77 」は電子本ですが、なかなか面白いお店が紹介されています。うちなーんちゅの私も知らないお店も紹介されていて、参考になりました。

※画像をクリックすると直接Amazonのサイトで買えます
 
スポンサーリンク