千ベロで朝も昼も夜も安く楽しく飲める足立屋、牧志公設市場近くの大衆酒場

大衆酒場足立屋
1,000円でお酒3杯とつまみが楽しめる千ベロ。千円でベロベロに酔っぱらうことができる千ベロの大衆酒場は沖縄にもたくさんあります。観光客や地元の方が集まる牧志公設市場周辺は、そんな千ベロの居酒屋の聖地。そんな千ベロの大衆酒場でまず紹介したいのが足立屋さんです。朝でも昼でも夜でも、安く楽しく飲める足立屋さんはいつも地元の人でいっぱいです。平日の朝から飲んでいるおじさんたちもいるぐらいです(笑)。そんな足立屋は観光客にもおススメ‼ 牧志公設市場まで来たら、ぜひ足立屋でも飲んでみてください。

足立屋に入れば、まずは「千ベロ」と言って千円札を渡せばOK。ビール、焼酎、泡盛、ホッピーなど大衆酒場定番のお酒3杯と、好きな串カツかもつ煮込みが選べます。

足立屋の千ベロ

足立屋のメニューは壁いっぱいに貼られています。どれにしようか迷いますが、まずはモツ煮込みとホッピーで千ベロをスタート。やっぱり安く飲めるのはいつでもうれしいですね。

ホッピーとモツ煮込み

足立屋の壁に貼られているメニュー

ビール瓶の蓋が千ベロのドリンクのお替りになります。こんなシステムが下町の大衆酒場らしさですよね。

足立屋の千ベロに使うビール瓶キャップ

串揚げや串焼きは備え付けの注文票で注文します。1本数十円の安さがうれしいですね。

串揚げの注文票

足立屋は牧志公設市場周辺の大衆酒場、さすがに店内は狭く、お店の外でも立ち飲みが楽しめます。この日は平日のお昼だったのですが、店内も店外も昼から飲んでいるオジサンが多くいました。これが酒好き(酒ジョーグー)のうちなーんちゅですね。

足立屋の店内写真

ちなみに夜も人がいっぱいで飲んでいます。

夜の足立屋の雰囲気

足立屋への行き方

朝でも昼でも夜でも千円でおいしく楽しく飲めるのが足立屋さん。公設市場まで来たら、足立屋さんで飲むのはおススメです。行って飲みたくなりますよね。でも、公設市場周辺はアジアチックな雰囲気で、脇道も多くなかなか複雑です。足立屋で飲みたい人のために、簡単な行き方を教えます。

まずは公設市場から市場本通りをまっすぐ進みます。下の写真の左側の道が市場本通りです。

牧志公設市場

市場本通りを進んでいくと琉球銀行のシーサーが見えてきます。

市場本通り

琉球銀行にあるシーサー

シーサーの横にある脇道に入って、左手側の道に入ると足立屋さんが見えてきます。東南アジアの裏通りのような雰囲気ですが、またいいですよ。

足立屋の前の通り

足立屋は裏通りにあって、オジサンたちがお昼から飲んでいるので、一見すると家族連れには入りにくいと思います。でも安心してください。地元の子供もお店の外でジュースなんか飲んでいます。小さな子供を連れたお母さんも飲んだりしています。だから、家族連れでも安心して飲めますよ。

店の外では子供がジュースを飲んでいる

足立屋はこちら↓

ソーキそばをはじめ沖縄料理のおいしいお店が知りたいなら


せっかく沖縄旅行に来るのだから、ソーキそばや沖縄料理のおいしいお店が知りたいですよね。私が参考にしている本は「ぴあ沖縄食本」。沖縄そばやラーメンだけでなく、ステーキ、イタリアン、中華、カフェなど、沖縄の色んなおいしいお店が網羅されています。写真も多く、最近の沖縄のおいしいお店が紹介されています。「人気ブロガーが選ぶ旨すぎる沖縄の店77 」は電子本ですが、なかなか面白いお店が紹介されています。うちなーんちゅの私も知らないお店も紹介されていて、参考になりました。

※画像をクリックすると直接Amazonのサイトで買えます
 
スポンサーリンク