三竹寿は那覇市のつけ麺の名店、つけ麺とまぜそばは絶品

三竹寿は那覇市のつけ麺の名店、つけ麺とまぜそばは絶品
沖縄のつけ麺のレベルを底上げしたと言われるつけ麺の名店、それが那覇市にある三竹寿。東京の名店「六厘舎」で修業した店主が、故郷の沖縄に開いたつけ麺店です。自家製太麺と濃厚魚介豚骨スープは期待を裏切らない絶品。濃厚なつけ麺を食べたくなれば、三竹寿はおススメですよ。

三竹寿は那覇市真嘉比にあります。国道330号線から少し脇道のそれた場所にあります。車でなければなかなか行くことができないような場所ですが、それでも行って味わってみる価値はありますよ。お店の外に分かりやすく大きなメニュー表が掲示されています。

三竹寿のメニュー

さて、三竹寿に来たらまずは、1番おススメの「味玉濃厚つけ麺」ですよね。食券を買って店内に入ります。券売機は店内の入口にあります。

三竹寿の入り口と券売機

店内はカウンター席とテーブル席、座敷があります。座敷があるので小さな子供連れの家族でも気軽に立ち寄れます。

三竹寿の店内写真1

三竹寿の店内写真2

しばらく待っていると、三竹寿1番のおススメ「味玉濃厚つけ麺」がやってきました。まずは、つけ麺スープに浸さず、自家製太麺そのものの味を確かめます。コシの強い太麺は食べ応えがあって、風味がよく、ほのかな甘みを感じます。沖縄県産の新鮮な小麦をすべて使った全粒粉の太麺。さすがです。

続いてはつけ麺スープをつけてつけ麺を味わってみます。言葉にウソはなく、濃厚なつけ麺スープです。濃厚な魚介豚骨スープは自家製太麺に負けないしっかりとした味わいです。個性の強い太麺と個性がぶつかり合わない、うまく調和したつけ麺スープはさすがの味わいです。味玉、チャーシュー、メンマなどのトッピングも多く、食感も変化して楽しいです。太麺を食べ終わった後も、残りのつけ麺スープにご飯をいれリゾット風にして、最後までおいしく頂きました。

三竹寿の味玉濃厚つけ麺

さて、別の日に第2名物の「まぜそば」も食べてきました。こちらもつけ麺スープと同じく濃厚な味わい。つけ麺スープよりもしょうゆダレが強い味わいなのかな? 途中で生卵を加えてみると、まろやかな味に変化しました。トッピングのチャーシューも厚切りで、食感の違いも楽しく、こちらも最後までおいしく頂きました。

まぜそば

三竹寿について

沖縄のつけ麺ブームの立役者でもあった三竹寿。行列を作らない沖縄県民が、行列をつくってまでつけ麺を食べていたのがちょっとしたニュースになったほどです。それでも期待を裏切らないそのつけ麺の味はさすがです。那覇市で濃厚なつけ麺を食べたくなったら、三竹寿がおススメ。

2017年7月には、モノレール古島駅敷地内に移転の予定です。これで観光客の方も来やすくなりますね。

  • 住所: 〒
    902-0068 沖縄県那覇市真嘉比 2-1-6
  • 営業時間 11:30-21:30
  • 電話番号: 098-887-4433
  • 定休日: 不定休
  • 駐車場: あり
  • 予算: 680円 ~ 1,020円

三竹寿本店はココ↓

ソーキそばをはじめ沖縄料理のおいしいお店が知りたいなら


せっかく沖縄旅行に来るのだから、ソーキそばや沖縄料理のおいしいお店が知りたいですよね。私が参考にしている本は「ぴあ沖縄食本」。沖縄そばやラーメンだけでなく、ステーキ、イタリアン、中華、カフェなど、沖縄の色んなおいしいお店が網羅されています。写真も多く、最近の沖縄のおいしいお店が紹介されています。「人気ブロガーが選ぶ旨すぎる沖縄の店77 」は電子本ですが、なかなか面白いお店が紹介されています。うちなーんちゅの私も知らないお店も紹介されていて、参考になりました。

※画像をクリックすると直接Amazonのサイトで買えます
 
スポンサーリンク